婚活では多くの出会いを経験することが大切

婚活をしていて良い出会いを呼び込むために大切なことは、あまり見込みのない出会いに対してはこだわらないことが大切だと私は思っています。

 

婚活をしていると、1つの1つの出会いを大事にするあまり、どう考えても自分と相性が合わないだろうという人であっても、もう少し交流したほうがいんじゃないか?と思って、その人にこだわってしまったりします。

 

しかし、直感的に相性が悪いと思った人に関しては、その後も急に相性が好転することなどはほぼありえず、そういう人とは相性が合わなかったとバッサリ割り切って、すぐに次の出会いを探したほうが得策だと私は思っています。

 

ですので、婚活をしているときというのは、1つの出会いにこだわるのではなく、なるべく多くの出会いを経験したほうがうまくゆくような気がしています。ですので、これからはそれを心がけていきたいと私は思っています。

婚活では多くの出会いを経験することが大切記事一覧

出会いには心理学的に実証された法則というのがあります。その中の一つに吊り橋理論というのがあります。この吊り橋理論を普段の出会いに応用すれば、素敵な出会いが演出できるかもしれません。吊り橋理論というのは吊り橋のような人間が恐怖を感じるような場所で男女が出会った場合、他の安全な場所で出会うよりも異性に対する恋愛度が上がるというものです。これは吊り橋における恐怖感を恋愛感情と人間が錯覚してしまうことで起...

これは実話なんだけれども、ある女の子Aが、友達の女の子Bのために、男の子Aを斡旋しようとした。ちょうど、大きなお祭りがある季節で、その祭りに合わせて二人を引き合わせようとたくらみ、踊り見物の入場券まで手配した。予定通り二人は邂逅し、「はじめまして」などと台本のような会話を始めた。すぐに踊りが見えるところに移動しようという話になり、桟敷席に入った。すると、別の男友達Bがそこにいた。「やあ、偶然」など...

従妹は、自由に、奔放に青春を謳歌しています。正直とってもうらやましいのです。演劇をしていて、オーディションを受けては結構いい役をもらっています。年に1〜2回でしょうか、舞台でいきいきしているのをみると、人生楽しくてたまらないというオ―ラを感じます。演劇関係の人から付きあってといわれることも多いようですが、断っているとか。苦労するのが、目に見えているから。高校時代の男友だち、職場の同僚など、飲み友達...

日々過ごしていると、いろんな出会いがあると思いますが、その出会いから恋愛に発展することは、なんだか運命を感じてしまいます。過去の私の出会いで、運命的だなぁと感じたことが二回あります。一つ目は、高校生のころに通っていた塾でのことでした。ちょっとかっこいい先生がいて授業を教えて貰っていたときに、携帯の番号を交換する機会があり、そこから仲良くなりました。しだいにどこかに出掛けるようになり、そしてお互いに...

婚活にはお見合いなり婚活パーティーなり合コンなりいくつもありますけど、やっていく上で大事な事は自分の気持ちを重視するという事です。例えば婚活が成功できても結婚生活が成功しないと意味がないわけですから結婚生活が成功するような相手を選ばないといけないです。そういった相手を選ぶためには自分の気持ちが大事です。例えば優しい人が良いのならそれだけは条件からはずさないとか、安定した職業の人を選びたいのなら安定...